QRコード決済

【初心者向け】消費税増税でポイント還元されるキャッシュレス決済の4種類を解説!

キャッシュレスの種類

2019年10月からの増税。

今回の増税の目玉は、軽減税率の導入と、キャッシュレス決済への2%or5%のポイント還元の2つです。

ただ、「キャッシュレスって言われても、クレジットカード以外なんだかよくわらかない」という人もまだまだ多いと思うので、この記事ではポイント還元の受けられるキャッシュレスの種類と特徴について解説したいと思います!

(事業者さん向けではなく、消費者向けの内容です)

 

ポイント還元されるキャッシュレス決済の手段は4種類

今回ポイント還元の対象になるキャッシュレス決済の手段は

  1. クレジットカード
  2. デビットカード
  3. 電子マネー
  4. QRコード

主にこの4種類です。

順番に特徴やメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

クレジットカード

まずは一番、現段階でも使っている人が多いキャッシュレス決済の王道「クレジットカード」。

請求時期 後払い
メリット ポイント還元がつく
デメリット カード発行に審査がある、時間がかかる

すでにクレジットカードを保有している人で、他のキャッシュレス決済の手段を取り入れるのは面倒だという人は、クレジットカードを使えばよいと思います。

おすすめは楽天カードです。

  • 年会費がずっと無料
  • ポイント還元率が1%(100円で1円分のポイント)
  • 楽天市場でポイント還元率が最低3%になる。
  • 新規入会&利用キャンペーンで最大5,000ポイント以上もらえる

そもそも、クレジットカードはなぜあと払いができるのか、どういう仕組みでカード会社に儲けが出ているのかについてはこちらの記事にまとめていますので、もう少し知りたいという方はどうぞ。

クレジットカード会社はどうやって儲けてる?なぜキャッシュレスが推奨されるのか2020年には東京オリンピックが予定されており、2025年には大阪万博が予定されています。 そんな訪日観光者が増える大イベントを控...

 

デビットカード

クレジットカードは後払いですが、デビットカードは使ったその場で銀行口座から引き落としされます。

請求時期 即時引き落とし
メリット 口座にあるお金しか使えないので使いすぎがない。
基本的に審査なしで発行できる。
デメリット ポイント還元率はクレッジトに劣る場合がある。
一括払い以外できない。

口座残高分のみ使えて即時決済なので堅実な決済手段です。
クレジットカードと比べて、ポイントの還元率が高くない場合が多く、他の電子マネーやQRコードと比べても「お得感」は少ないと言えるでしょう。

 

電子マネー

プリペイドカードもしくは、スマートフォンなどを専用端末にかざして(タッチして)、支払いができる決済手段になります。

「おサイフケータイ」という言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、それもこのカテゴリーに入ります。

おサイフケータイとは、携帯電話に埋め込まれたFeliCaチップを使った日本独特のサービス、およびこのサービスに対応したモバイルFeliCaチップおよび対応SIMを内蔵した携帯電話機、携帯端末の総称を指します。

電子マネーは専用のカードやスマホを用いて決済するのですが、実際の支払いはチャージしたり、クレジットカードやデビットカードに紐付けて行うことになります。

どうぜクレジットカードで支払うなら、なぜカードやスマホを経由して支払うのか… と疑問を感じるかもしれませんが、電子マネーを使うためのアプリなどを使用することで、お得な割引が使えたり、ポイント還元があったりすることで「よりお得になる」のが特徴です。

クレジットカードでもポイント還元があるし、電子マネーを使うこと自体にもポイント還元があることが多く、ポイントの二重取りが可能になるということです。

請求時期 前払いチャージ式と、後払いタイプがある。
※チャージ残高が一定額を下回るとクレジットカードから自動でチャージできるオートチャージを設定できるものもある。
メリット 各会社、それぞれにお得な割引や独自のポイントがつく。
レジでの支払いが早い。
デメリット チャージしたお金は払い戻しできない(もしくは手数料がとられる)

以下は、主要な電子マネーをあげてみたものです。

交通系電子マネーを使用している人が多いでしょう。

  • Suica
  • PASMO
  • JR北海道「Kitaca」
  • JR西日本「ICOCA」
  • JR九州「SUGOCA」
  • JR東海「TOICA」
  • nimoca
  • はやかけん
  • PiTaPa などなど

その他の電子マネーはこんなかんじ。

  • ドコモiD
  • 楽天Edy
  • WAON
  • nanaco
  • au WALLET
  • QUICPay などなど

おサイフケータイはスマホが対応している機種でないと使用できません。

 

QRコード

最近CMなどでもよく見かけるようになったのが、QRコード決済です。
中国では主流な決済手段となってきています。

スマートフォンやタブレットなどでQRコードを読み取ることで支払いが完了する決済手段を指します。

実際の支払いはチャージしたり、クレジットカードやデビットカードに紐付けて行うことになります。

電子マネーと同じく、QRコードを使うことで独自のポイント還元があったり、割引クーポンなどが使えるキャンペーンなどが多くあることが利点になります。

クレジットカードでもポイント還元があるし、QRコード決済でもポイント還元があるので、ポイントの二重取りが可能になるということです。

電子マネーは、店舗が導入する際に専用端末が必要ですが、QRコード決済では専用の端末がなくてもQRコードさえあれば使えるので導入コストがかからないのが特徴で、近年小さな小売店などでも導入しやすい決済サービスとして人気が出ています。

請求時期 前払いチャージ式と、後払いタイプがある。
※チャージ残高が一定額を下回るとクレジットカードから自動でチャージできるオートチャージを設定できるものもある。
メリット 各会社、それぞれにお得な割引や独自のポイントがつく。
レジでの支払いが早い。
デメリット チャージしたお金は払い戻しできない(もしくは手数料がとられる)。
QRコード決済とは?メリット・デメリットは?キャッシュレスはなぜ流行ってる?「QRコード決済」「Pay Pay(ペイペイ)」「LINE Pay」などの言葉を耳にする機会が増えました。 QRコード決済などキャ...

現段階ではQRコードのサービスが乱立している状態で、どのアプリを入れるべきか迷ってしまう状況になっています。

主なQRコード決済サービスです。今25種類くらいあるそうです。

  • LINE Pay
  • 楽天Pay
  • d払い
  • Pay Pay
  • Origami Pay
  • メルペイ
  • Bank Pay(2019年実用化予定)
  • au Pay(2019年実用化予定) など

徐々に、規格統一の動きがすすめられてきており、「どのアプリでも、使えるお店は変わらない」という状態にはなってくると思われますが、しばらくは乱立状態が続きそうです。

ついにQRコードの統一規格が!JPQRとは?LINE Payや楽天Payも8月1日から導入!各社で乱立していたQRコード決済サービスですが、ついに統一規格に技術仕様をそろえていく動きがすすんでいくようです! 経済産...

 

QRコードのおすすめ

主婦で子育て中のワーママ会社員としては、「LINE Pay」「メルペイ」「楽天pay」がおすすめだと感じています。

LINEPay

迷ったら、LINE Pay(ラインペイ)でいいと思います。

LINEアプリを入れている人は多いのでスタートさせやすいです。

前払いのチャージ式なのでクレジットカード登録の必要がありません。

クレジットカード情報からの不正利用などもないので、安全性などに不信感がある人も使いやすいと思います。

関西電力もLINE Payで支払える!実際に支払ってみた。手数料とポイントは?最近、LINE Payにはまり気味なんですが、いろいろ機能を調べると、今までコンビニや銀行に出向いて払っていた請求書の支払いがLINE ...

 

メルペイ

メルカリを使っている人はメルペイがおすすめです。

とくに販売をしている人は売り上げ金が使えるのが特徴です。

メルペイとは?特徴とメリットデメリット。ホリエモンの記事を読んでいきなりですが、私は流行りものは大分浸透してからゆっくり始めるタイプです。 メルカリも「なんかよくわからない…」と距離をおいていて...

 

楽天Pay

楽天市場など楽天のサービスを使う人は楽天Payがおすすめです。

期間限定ポイントなど、普段だとちょっと使い切りづらい少額のポイントもコード決済で使い切りやすいです。

私は楽天ROOMやブログからのアフィリエイト収入のポイントを普段の買い物で使えるので重宝しています。

楽天Payの使い方は?QRコード決済の人気1位の理由は「ポイント」のお得感最近、立て続けにQRコード決済の本を読んでいるのですが、だいたいのアンケートで人気1位は楽天pay。 雑誌が違えば参照している調査...

 

お店も増税時期が導入のチャンス

店舗側の視点でみると、本来、クレジットカード決済や電子マネーの決済を可能にするためには店舗に専用の機械(端末)を用意せねばならず、その導入費用が負担になります。

そして、店舗が加盟店手数料をクレジットカード会社などに支払う必要もあるので、中小企業の小売店店舗としてはやや導入に足踏みする決済手段なわけです。

ただ、今回の増税時は、端末の導入負担ゼロ(国と決済事業者で全額負担)や、加盟店手数料が低く抑えられるので、店舗としてもこの機会にキャッシュレス決済の対応環境を整えるチャンスになっています。

現金をまったく使わないというのは日本の現在では現実的ではないように思いますが、キャッシュレス決済の手段を把握して少しずつ慣れておくとよいのかなと思います!

キャッシュレス還元事業、QRコード決済/各Payのポイント還元時期や方法まとめ!いよいよ、キャッシュレス・ポイント還元事業がはじまってきました。 少しずつ情報が具体的になりつつありますが、本日はポイント還元の対...
QRコード決済とは?メリット・デメリットは?キャッシュレスはなぜ流行ってる?「QRコード決済」「Pay Pay(ペイペイ)」「LINE Pay」などの言葉を耳にする機会が増えました。 QRコード決済などキャ...
【初心者向け】消費税増税前にダウンロードすべき、スマホQRコード決済アプリは?いよいよ消費税が10%に増税する10月が近づいてきましたが、今回の増税ではポイント還元事業があるのが特徴ですよね。 電車のつり革や...