メルペイ

メルペイのiD払いとコード払いの解説。登録方法やチャージ方法は?

2019年2月から、株式会社メルカリの子会社である株式会社メルペイが提供する、電子ウォレットサービス「メルペイ」がリリースされました。

メルカリの売上金が使えるということで、売上金が使い切りやすくなりました。

メルペイで支払う方法は2つ

  1. ドコモのiD(アイディ)おサイフケータイとして支払う
  2. バーコード・QRコードによるコード払い

iDとは、加盟店の端末(レジのリーダー)におサイフケータイをかざすと支払いができる電子マネーのことです。

そしてもうひとつ、PayPayやLINEPayでもおなじみのコード決済としても支払いができます。

iDとコード決済は仕組みが違うので、それぞれの仕組みに対応している店舗によって使い分けが必要になります。

ただ、iDが使えるお店はかなり多いので、実際iDとコード決済を組み合わせるとメルペイを持っているとかなりキャッシュレス生活を実現できる範囲が広がります。

支払いにはメルカリの売上金が利用でき、足らない場合は銀行口座からのチャージにも対応しています。

また、「翌月のあと払い」つまり、「ツケで払える」というのもメルペイの特徴になります。

 

メルペイを使うにはメルカリアプリが必要

大前提として、メルペイはメルカリのアプリ内に組み込まれているサービスです。

なので、まずはメルカリのアプリをダウンロードして、登録することが必要です。

メルカリのフリマ機能で売買をしたことがなくても、登録があればメルペイ自体を使うことはできます。

 

メルペイのiDの登録方法(連携方法)と使い方

まず、iDを使うには非接触決済に対応しているスマホかどうかが重要です。

OSのバージョンが下に書いたものより古く、非接触決済に対応していないスマホの場合、iDによる決済は利用できない可能性があります。

はい、私の今持っているAndroidは非対応でした…

もうすぐ買い換えようと思っているので、次はおサイフケータイ対応かしっかりみたい。

iOS端末:日本国内で販売されたiPhone 7以上、Apple Watch Series 2以上

Android端末:Android 5.0以降がインストールされている「おサイフケータイ」(Felica搭載)対応の端末

 

おサイフケータイ対応かどうかの見分け方

iDが使える端末の場合、メルペイを開いたときに、iDの登録ボタンが出るようです。

iDの使えない端末の場合、メルペイを開いてもそもそもiDを登録できるボタンがありません。

メルペイのiD登録がない画面

もしOSをアップデートすることで対応できる端末なら、「設定」の「更新」とか、「端末情報」などのページからバージョンを確認するなどして、更新をかけてバージョンアップしてみるとよいでしょう。

 

iDの登録の仕方

おサイフケータイ対応のFelica搭載スマホだった場合、メルカリアプリの中にある「メルペイ」の画面を開き、「売上金・ポイントをお店で使う」をタップします。

Felica搭載の端末であれば、おサイフケータイのアプリに自動で移動し、メルペイの電子マネーカードが登録できるようです。

おサイフケータイアプリにも、メルペイが追加されるので、そちらから確認もできます。

 

iDでの決済方法

チャージ方法は後述します。

このiDのマークがあるお店でiDのおサイフケータイは使えます。
iDのマーク

iD対応の店舗で使う場合は、お店の人に「iDで支払います」と伝えます。

メルペイを開き、「パスコードで支払う」のタブをタップして暗証番号を入力します。

入力すると支払い可能な画面になるので、スマホをお店の端末にかざせば支払いが完了です。

まぁ実際はレジに行く前にアプリを支払える画面までは準備しておいて、レジ前でもたもたしない方がスムーズですね。

 

メルペイコード払いの使い方

メルカリのアプリからメルペイを開き、「コード払い」をタップします。

指紋認証or暗証番号入力を経て、QRコードやバーコードのある画面が開くのでその画面をレジで見せてコードを読み取ってもらうと決済完了です。

 

メルペイのチャージ方法

メルペイで決済ができる電子マネーには「メルペイ残高」「ポイント」があります。

メルペイ残高とは、「銀行口座からのチャージ」と「メルカリでの売上金」の合計金額。

ポイントは、ポイント還元などを受けた時のボーナスのような位置づけです。

iDにせよ、コード決済にせよ、支払いをするにはチャージをしてポイント残高にお金を入れてから支払う必要があります。

ポイント残高にお金をチャージする方法は、2つ。

  1. 売上金からポイント購入(=銀行口座未登録の場合)
  2. 銀行口座からチャージ(=銀行口座を登録した場合)

メルカリの売上金がある人は1ポイント=1円でポイントに変換できて、メルペイ残高として決済に利用できます。

クレジットカードの登録ができないのがメルペイの特徴です。
クレジットカードではなく、銀行口座から前払いでチャージする必要があります。

 

メルペイあと払いの方法とメリット・デメリット

メルペイの特徴として大きいのは「翌月払い」「あと払い」ができること。

あと払いをするためには、

  • 銀行口座の登録
  • アプリをとおして運転免許証などと顔撮影

のいずれかで本人確認をする必要があります。

本人確認ができたあとは、利用上限金額を設定します。

 

あと払いの精算方法

メルペイの後払いを清算する際は、「コンビニ/ATM払い」「口座振替」の2つの清算方法を選択できます。

 

メルペイあと払いのメリット

  • 売り上げ金やポイントがなくてもあと払いでお買い物ができる。
  • 利用上限が決められるので使いすぎを防げる
  • 精算は翌月末にまとめられる
  • あと払いの設定をすると、メルカリの売上金の振込申請期限(180日)がなくなり期限なしであと払いにも使える

コード決済などだと、クレジットカード登録=実質あと払いという図式のものが多いですが、翌月にまとめてあと払いができます。

メルカリに慣れてて結構ものが売れてる人は、今月だいたいこれくらいの売り上げは達成するだろうと予測をしながら、売上金での支払い計画なんかも立てれるかもしれませんね。

 

メルペイあと払いのデメリット

あと払いには手数料が300円かかります。(無料キャンペーン期間が設定されることもある)

手数料がかかるというのが大きいですね。

そもそもポイントもつかないし、クレジットカード登録もないのでクレカのポイントがつくとかいうお得さもありません。

 

メルカリユーザーでおサイフケータイも使える人はメルペイ登録はけっこうお得だと思います。

還元キャンペーンなんかが派手にやってる時期に試してみるのがお得でおすすめです。

メルペイとは?特徴とメリットデメリット。ホリエモンの記事を読んでいきなりですが、私は流行りものは大分浸透してからゆっくり始めるタイプです。 メルカリも「なんかよくわからない…」と距離をおいていて...
メルペイコード払い
メルペイのコード払いが使えるお店は?コンビニやドラックストアは?【2019年7月版】メルカリの決済サービスのメルペイ。 3月からはスマホでバーコードやQRコードをつかった決済にも対応しています。 メルペイでの...