キャッシュレス社会

メルペイとは?特徴とメリットデメリット。ホリエモンの記事を読んで

いきなりですが、私は流行りものは大分浸透してからゆっくり始めるタイプです。

メルカリも「なんかよくわからない…」と距離をおいていて、2019年に入って初めて利用してるチキン野郎です(笑) 

QRコード決済には興味があって、色々調べてみると、日本の○○ペイ乱立の状況や、各社の戦略の違いがわかってきて調べたり整理したりするのが面白くなってブログを立ち上げました。

私は楽天PayとLINEPay推しなんですが、この新R25の記事を読んで、ホリエモンがメルペイを推してて、メルペイにも興味を持ちました。(遅い…笑)

R25とメルカリの関係はよくわからなくて、これが広告記事だったら騙された感あるんですが…

そして堀江さんに詳しいわけでも特別ファンってことでもないんですが、記事のテイストが面白くてさらさら読めちゃう。

今日はメルペイの特徴について調べてみました。

 

メルペイの特徴

メルペイは、メルカリが提供する決済サービスです。

メルカリで稼いだ売上金が、コンビニなどメルペイに対応している店舗でも使えるのが大きな特徴です。

以下、特徴をざっとあげてみます。

  • メルカリの売上金を店舗での決済に使用できる
  • 翌月に後払いで支払いができる
  • ID(ドコモの決済サービス)と協業しており、IDに対応している店舗でメルペイを利用できる

 

ホリエモンが推してるポイント

前述の新R25の記事を読むと、メルペイがコード決済の本命なんじゃないかと堀江さんが推しています。

その理由は2つあって、1つ目は「メルカリの売上金を店舗での決済に使用できること」がよいとあげています。

スマホ決済のサービスは最初の1回をどう使ってもらうかが課題で、メルカリは自分の不用品を売って得たお金だから心理的にもメルカリの売り上げ金を買い物で使うことは抵抗感が低いと。たしかに。

もう一つは、「あと払い」機能。(記事では前借り制度にした方がいいと新たなアイデアも言ってらっしゃいますがここでは割愛)

 

メルペイの支払い方法

もう少し、メルペイの使い方について詳細をまとめます。

まずはメルペイでの支払い方法は以下3つ。

  • メルカリの売上金でポイントを購入して支払う
  • 登録した銀行口座からチャージして支払う
  • 翌月1日から末日の間にあと払い(手数料300円だが、期間限定で手数料無料になっている)

 

メルペイが使えるお店

メルペイは電子マネーのiDでの支払いに対応のお店と、メルペイコード払いに対応のお店で使えます。

メルペイコード対応のお店はまだ少なめですが、ドコモのiDは使えるお店がコンビニ、スーパー、百貨店、ドラックストアなど多岐に渡って多いのでこれはかなりメリットですよね。

メルペイはスマホ決済の他社と「競合」でなく、OPENNESS構想を掲げての「協業」を目指してるそうです。

下記はiDが使えるお店の一部。

iDが使えるコンビニ

IDが使えるコンビニ

iDが使えるスーパー一部

iDが使えるモールや百貨店の一部

iDが使える家電量販店の一部

  くわしくはiDの使えるお店一覧から

ってなかんじで使えるお店が多いのも特徴ですね。

 

LINEPayと楽天Payでいいやと思ってたけど、メルペイも使えるようにしておくとiD効果でかなりの店舗で使えるのだなと分かったので、私も登録しようと思いました。

いやぁ、ほんとスマホ決済の覇権争い、どういう構図で落ち着いていくのか結構楽しみです。

2018年末、近畿大学が学内キャッシュレス化に向けてLINE Pay導入!普及率は?2018年12月4日より近畿大学では大学内の生協、食堂など約10店舗にてLINE Payが使えるようになりました。 学内生協である...
クレジットカード会社はどうやって儲けてる?なぜキャッシュレスが推奨されるのか2020年には東京オリンピックが予定されており、2025年には大阪万博が予定されています。 そんな訪日観光者が増える大イベントを控...
メルペイコード払い
メルペイのコード払いが使えるお店は?コンビニやドラックストアは?【2019年7月版】メルカリの決済サービスのメルペイ。 3月からはスマホでバーコードやQRコードをつかった決済にも対応しています。 メルペイでの...