LINE Pay

セブンイレブンで使えるスマホコード決済は?2019年7月からQRコード対応!

セブンペイ

セブンイレブンは、長らくQRコード決済に対応していないコンビニでした。

日本最大手のコンビニで、nanacoなどの独自決済方法を持っていたからか、なかなかLINE PayやPayPayなどの決済が使えるようにならなかったのですが、このたび、2019年7月1日からスマホのコード決済の対応が開始しました!

自社の7pay(セブンペイ)という決済サービスをリリースすると同時に、「LINE Pay」「PayPay」「メルペイ」での支払いも可能になりました。

 

セブンイレブンで使える支払い方法は?

スマホのコード決済サービスも含めて、セブンイレブンで利用できる決済方法はこのようなラインナップ。

セブンイレブンの決済方法

楽天Payやドコモのd払いが使えないのは特徴ですね。

 

7payとは? メリットとデメリット

7pay(セブンペイ)は、セブンイレブンなどを運営するセブン&アイが提供するQRコード決済、スマホ決済サービスです。

7payの特徴を簡単にまとめてみます。

  • カンタン登録 最短2タップでスタート!
  • nanacoポイントや、セブン‐イレブンアプリのバッジやセブンマイルが貯まる
  • 店頭レジ、クレジットカード、セブン銀行ATMからチャージ可能
  • 今後、セブンイレブン以外の店舗でも使えるようになる予定
  • セブンイレブンで使えるクーポンや割引がゲットできる
  • チャージ式(前払い)式

他の決済サービスと比べて具体的にお得そうなのは、セブンイレブンで使えるクーポンがもらえたり、割引があるということですね。

リリース開始時のキャンペーンとしては、「おにぎり一個無料クーポンがもらえる」というものでした。

メリットとデメリットを簡単にあげてみます。

 

7pay(セブンペイ)のメリット

  • セブンイレブンで使えるクーポンや割引がゲットできる
  • nanacoポイント、セブンマイルが貯まる

セブンマイルは1マイル = 1nanacoポイントなので結局はnanacoポイントが貯まるということですね。

チャージ方法が多彩などのメリットもありますが、正直、他の決済サービスと比較して特別ではないかなぁというところ。

 

7pay(セブンペイ)のデメリット

  • セブンイレブン以外での使い道、お得感があまりない
  • nanacoの方が支払いやすいので、7payのメリットが弱い
  • 還元率が低い(0.5%)
  • nanacoポイントに馴染みのない人はnanacoポイントが嬉しくない

私はnanacoを使っていないので、そんな人にとっては、nanacoポイントが貯まる!と言われてもよくわからない状態…。

 

結論からいうと、ちょっとお得感が弱いかなぁというところ。

セブンイレブンを毎日使うという人はクーポンなどに期待してアプリを入れてもいいと思いますが、ファミマも使うし、ローソンも使うしといういろいろつかうタイプの人はLINE PayやPayPayを入れててもいいんじゃないかなあと思いました。

楽天Payが使えるコンビニ一覧。使えないコンビニは?【2019年6月版】乱立するモバイル決済サービスの中でも人気トップの楽天Pay。 楽天Payのコード決済が使えるコンビニ一覧をまとめています。 ...
LINE Payが使えるコンビニ一覧!【2019年6月版】数あるQRコード決済サービスの中でも人気の高い、LINE Pay。 LINE Payは2014年からサービスを開始しており、ペイ系...
ゆうちょPayが使えるコンビニ、スーパー、ドラックストア一覧【2019年6月版】2019年5月からサービスが始まったゆうちょPay。 ゆうちょPayは、バーコードやQRコードを読み込むことで支払いができるスマホ...