LINE Pay

関西電力もLINE Payで支払える!実際に支払ってみた。手数料とポイントは?

最近、LINE Payにはまり気味なんですが、いろいろ機能を調べると、今までコンビニや銀行に出向いて払っていた請求書の支払いがLINE Payでできることがわかりました。

今日は、実際に関西電力の請求書の支払いをしてみました!

気になるのは手軽さと、お得さですよね。そこらへんをレビューしてみたいと思います。

 

LINEPayの請求書支払いの方法は?

 

(LINE公式ブログより画像をお借りしました)

↓実際の私の画面

実際1分くらいで支払い完了になり、コンビニで支払うより断然いいです。

 

LINEPayの請求書支払いは手数料はかかる?

関西電力の場合、LINEPayを通しての支払いに手数料はかかりませんでした!

でも、実はコンビニ払いの請求書が発行されている時点で「帳票発行手数料」がかかっているんですよね(^^;)

金額によるのかはわかりませんが、我が家は216円と記載がありました。

 

LINEPayの請求書支払いでもらえるポイントは?

これは、LINEPayの使用額に基づいて決まります。

LINEPayにはマイカラー制度という、前月20日まで

  • QR/バーコード支払い
  • LINE Pay カード支払い
  • オンラインショップでの「LINE Pay」残高からの支払い
  • 「LINE Pay 請求書支払い」
  • 送金
  • などの利用状況をもとに、
    翌月のバッジカラーを判定し、ポイントの還元率が決まるシステムがあります。

 

(2019年6月現在のマイカラーの特典と基準)

私の場合、先月の利用額が少ないので、還元率0.5%のホワイトというカラーなので、今回の関西電力の支払いでも10538円に対して0.5%の52ポイントが付与されていました。

ちょびっとだけど、何もないよりうれしい。

そして、今回1万単位の支払いを行ったので、来月はマイカラーが一つレベルアップしてレッドになります。
0.8%還元。

 

結局、LINE Payの請求書払いはお得?

冷静に考えると、先ほども書いた「帳票発行手数料216円」を払っている時点で、口座引き落としにした方が大概お得ですよね。

やはり還元率のいいクレジットカードから支払うのが一番手間もなく、還元もあってよいと思います。

年会費も無料で、還元率は1%。そのほかのキャンペーンなどでポイントも増していきやすい楽天カードはおすすめ。

LINEカードという手もありますが、還元率1%をこえるには5万円の支払いが必要で、2%をこえるには10万円が必要…

そして、チャージ式で、還元もLINEポイント… という条件を考えると、楽天などのクレジットカードの方がおすすめかなぁと思います。

結論としては、請求書払いはコンビニに支払いに行くよりは、LINE Payで払った方がお得!

だけど、そもそもクレジットカード払いの登録をした方がトータルでは手間も還元率もお得!

請求書払いができるお店 こちらで調べています↓

LINE Payで請求書払いができる?公共料金の支払いでもポイントはつく?LINE Payで請求書の支払いができるって知ってましたか? 実際、QRコード決済をしてポイントがついてお得とはいえ、コンビニなど...
楽天の期間限定ポイントとは?通常ポイントと何がちがう?楽天ペイで使いきる方法子どもを産んでから、自由に出歩けない中でベビーグッズなどをネットで買う機会が増え、楽天市場のお得さが身に染みました。 楽天はポイン...