ゆうちょPay

Bank Payと銀行Payの違いは?それぞれどこの銀行が参加してる?

QRコード決済ができる○○Payというサービスが盛んにリリースされるようになっています。

とくに、2018年は各社のCMも増えて、スマホ決済の認知度が上がりましたが、2019年注目すべきは、銀行もこういった決済サービスに多く加入してくるということ。

これは増税やオリンピック、大阪万博などに向けて政府もキャッシュレス化を推進しているという背景があって、各社覇権争いを繰り広げている状況です。

そこで注目なのが、「Bank Pay」「銀行Pay」

今日は名前が似ているこの2つの違いや特徴をまとめてみます!

 

Bank Payとは

まずは、Bank Payについて。

Bank Payとは日本電子決済推進機構(J-Debit)が2019年秋から開始するスマホ決済サービスです。

Bank Payのアプリを使うとスマホをかざすだけで、メガバンクや地方銀行など最大1000以上の銀行口座から直接支払いができるというサービスです。

支払いの仕方は、楽天PayやLINEPayなどを使ったQRコード決済と変わらないようですが、銀行口座直結で支払えるという点と、Bank Payを加入している店舗でなら、どの銀行口座を登録していても決済できるという点が注目ポイントですね。

日本の3大メガバンクである、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行が参加する予定なので、大きな動きになるのではと期待が膨らみます。

参考:https://debitcard.gr.jp/dl/BankPay.pdf

 

銀行Payとは

お次は、銀行Payについて。

銀行PayとはGMOペイメントゲートウェイが作る決済サービスのシステムです。

こちらも、BankPayと同じく、スマホを使ってQRコード決済ができて、その支払い元は銀行口座に直接紐付いているという仕組みです。

すでに、横浜銀行やゆうちょ銀行などが「はまPay」、「ゆうちょPay」などのサービスを開始しています。

銀行Payとは、「スマホ」×「銀行の強みを活かした新たな決済手段」の提供により地域経済の活性化をご支援する、銀行口座と連動したスマホ決済サービスです。

当社が、金融機関様向けにスマホ決済サービスのシステムをOEM(ASP型)提供し、金融機関様がサービス主体となり、スマホ決済サービスを口座保有者、法人顧客にご提供いただきます。

GMOペイメントゲートウェイ株式会社 HPより

特徴は、

  1. 参加金融機関の相互乗り入れを実現するマルチバンクにより加盟店の共有化に対応
  2. Alipay決済に対応(クレジットカード決済にも対応予定)
  3. 銀行ならではのサービスとして、キャッシュアウト・サービスにも対応
    ※2019年5月8日より、東急線各駅の券売機で銀行預貯金の引き出しができる、キャッシュアウト・サービスを開始
  4. 利用シーンの拡大に向け、POSレジや自動精算機等との連携も可能

銀行Payの加盟店は?

今のところ、横浜銀行、福岡銀行、熊本銀行、親和銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行、ゆうちょ銀行、沖縄銀行、北陸銀行、北海道銀行が加盟しています。

 

とくに、銀行Payでは、加盟店の共有化というのが注目点だと思います。

つまり、「銀行Pay」のシステムを入れいている店舗では、どの銀行のサービスを使っていてもスマホ決済できるということ。

例えば、横浜銀行のはまPayを使っている人が、出張で九州に行ってもはまPayを使えるってことです。

地方銀行のスマホ決済サービスを使っていても、全国でそのアプリが使えるとなるとユーザーにとっては便利ですよね。

1億2000万口座を持っているゆうちょ銀行が加盟しているので、今後ゆうちょPayを使えるように店舗もシステム導入するところも増えると思います。
(というか、どのくらい増えてくるのかが、キャッシュレス社会にすすんでいくかの日本の分かれ目なのかな?と注目しています)

 

Bank Payと銀行Payの違いは?

さて、結局Bank Payと銀行Payの違いは、システムの規格が違うということと、参画する銀行が違うということ。

しかし、喜ばしいことに、Bank Payと銀行Payは加盟店の相互解放を検討しているそうです。

うんうん、ユーザーにとってはいろんなサービスが乱立するより、自分の持っているアプリでどこでも使えるのが一番便利ですもん。ぜひそうしてほしい。

なんで、ゆうちょ銀行はBankPayの規格の方に入らなかったのか…っていうのが気になりました。

こんな記事を見つけて納得。

組む相手にこだわりはなかったが、できるだけ早くサービスを提供したいという思いがあり、当時既に商用化されている銀行向けのサービスとしては銀行Payしか選択肢がなかったのが実情だ。そうした中、全国規模でネットワークを持ち、既存の取引先を持つわれわれと、地場に強いコネクションを持つ地方銀行が組むことで、両者が異なる加盟店開拓を行うことでのネットワーク拡大を見込んでいる

引用:ITmedia Mobile 「なぜゆうちょ銀行がスマホ決済に参入するのか? 「ゆうちょPay」の狙いを聞く」

たしかに、ゆうちょPayは、3大メガバンクのBankPayよりも早く、ゆうちょPayリリースを開始したしな。

 

これまでは、IT企業や通信系の企業が幅を効かせていたスマホ決済の世界ですが、銀行のサービスが多くなると、口座を持っている人口が多いので利便性を感じる人も多く、スマホ決済を使う人が増えてくるかもしれないなぁと思います。

QRコード決済の刺客!BankPayはいつからサービススタート?参入する銀行は?手数料は?消費税増税時のポイント還元事業を目前に、「○○pay」が乱立していますが、今主流となっているpayサービスと少し違う特徴を携えて登場予定...