QRコード決済

スマホ決済のゆうちょPayアプリが2019年5月からスタート!メリットや加盟店は?

さまざまなスマホ決済サービスが乱立するなかで、いよいよ2019年5月8日からはゆうちょPayのスタートですね。

(5/8からアプリが配信されています)

IT企業や通信業者などが台頭するキャッシュレス決済に、ついにゆうちょも参戦です。

この記事では、ゆうちょPayメリット、加盟店について記載しています。

 

ゆうちょPayの特徴、メリットは?

ゆうちょPayは、バーコードやQRコードを読み込むことで支払いができるスマホ決済サービスです。

使い方としては、まずスマホにアプリをダウンロードします。

初期設定として、銀行口座や暗証番号、メールアドレスを登録したら使い始めることができます。

お支払いの際に「ゆうちょPay」を指定して、お店の方の案内にそって、お店の方が表示したコードを読み取る、またはスマホにコードを表示して、お店の方に読み取ってもらえば支払いをすることができます。

公式サイトにはこんな記述も。

お店でのお買い物や飲食代金等のお支払いはもちろん、払込取扱票*による公共料金等のお支払いにもご利用いただけます。

*対応した払込取扱票に限ります。

公共料金の支払いが、用紙にあるゆうちょPayのQRコードをスマホで読み取ったら自宅で即時支払いができるとなれば、銀行やコンビニに払いに行く手間が省けていいですよね!

ただ、現段階でゆうちょPayで支払いができる公共料金は「山陽ガス」のみ。(2019年5月時点)

今後の拡大に期待です。

 

ゆうちょPayのメリット

ゆうちょPayの特徴・メリットを見ていきましょう。

  • ゆうちょ口座から即時引き落とし(チャージ不要)
  • 貯金残高の範囲内で使いすぎの心配なし
  • 2019年8月からアプリにてお店の割引特典などが配信予定

 

楽天ペイやLINEPayなどと比べた時に、ポイントがつくという利点がないのでお得感はやや少ない印象です。

ただ、ゆうちょ口座を持っている人は多いと思うので、即時決済で残高も把握できる流れがあるとお金の管理はしやすくて、その点を便利に感じる人は多いのではないかと思います。

 

ゆうちょPayの加盟店は?2019年6月

ゆうちょPayが使えるお店はどこでしょう?

ゆうちょPayマークまたは銀行Payマークのあるお店で使うことができます。

 

松屋が加入したようですね。

 

家電量販店が多いのはいいですが、コンビニがもっと増えてほしい!

Bank Payと銀行Payの違いは?それぞれどこの銀行が参加してる?QRコード決済ができる○○Payというサービスが盛んにリリースされるようになっています。 とくに、2018年は各社のCMも増えて、...